最新情報 Aktualaj Informoj

ことばの質問箱 R.O. 2020年1月号

Lingva Demandokesto ことばの質問箱 横山裕之編

■昨年11 月号の「ことばの質問箱 A06:あいさつ」の続きですが、もとの「ドリル式エスペラント入門」では深く掘り下げられてはいないところです。

◆質問 Dankon! とPardonon! への応答
 おのおのへの応答として、Ne dankinde!とNe gravas. があげられていましたが、ていねいに説明してください。

●回答 (1) Dankon!(ありがとう)へのよくある応答がNe dankinde!(どういたしまして)です。dankinde はdanki (感謝する)と接尾辞ind(~されるに値する)との合成語で、直訳すると「感謝いただくには値しません」になります。他にEstas nenio!(何でもありません)やTute ne!(全く違います)という応答もよく聞きます。(2) Pardonon!(すみません)へのよくある応答が、Ne gravas!(かまいません、おかまいなく)です。gravas は「重要である、大したことである」ですので、否定して「大したことではありません」に当たります。なお、これは主語がない表現で、あえていえば、全体の状況に対して言っていることです。他に、Ne zorgu! (心配しないでください)という応答も聞きます。
 ところで、Pardonon! はもともとMi petas pardonon!(私は許しを願います)という意味です。よって「正式に謝罪を受け入れます」という意味でJes, mi pardonasvin.(はい、あなたを許します)とも言えますが、大げさです。ただし、Ne pardoninde! とは言わないでください。これは、「あなたを許すにはあたりません、許しません」ということです。もちろん、本当に許せない時にはこう言うでしょうが。

◆質問 「許す」にあたる語
 「許す」という動詞にはpardoni とpermesi がありますが、どう違いますか。

●回答 同じ「許す」といっても大きく二通りの意味があります。
(1) pardoni は過去のことについて「とがめない」ことで「赦(ゆる)す」とも書きます。
 例えばPardonu, ke mi venis malfrue hieraŭ!(きのう遅刻したのを許してください、きのう遅刻してごめんなさい)に対して、単にNe gravas! で済ませるのではなく、きちんと、Jes, mi pardonas al vi hieraŭan malfruan venon. (きのうの遅刻を許します)と答える場面が考えられます。あるいは、Ne, mi ne pardonas. Kiel puno, videvas … (いえ、許しません。罰としてあなたは…しなければなりません)のような状況もあるかも知れません。
(2) permesi は未来のことについて「普通はダメなことを、許可する」です。例えば Permesu, ke mi venos malfrue morgaŭ!(あした遅刻するのを許してください)に対して、Jes, mi permesas al vi veni malfrue morgaŭ.( はい、あした遅刻してもよいです)とかNe, mi ne permesas al vi veni malfrue morgaŭ.(いえ、あした遅刻するのは許しません)のような応答があるでしょう。 (柴山純一)

【La Revuo Orienta誌 2020年1月号より】

関連記事

注目記事

  1. エス研

催し物情報

  1. 2021.11.8

    会話講座 “Ni parolu!”のご案内

  2. 2021.10.26

    11/14~28(日) 東京都調布市:国際共通語エスペラント入門講座

  3. 2021.9.9

    10/5~12/14(火) 滋賀県彦根市:国際語エスぺラント<テレ>入門講習会

  4. 2021.8.30

    10/16~11/27(土) 東京都杉並区:エスペラント語 入門講座

  5. 2021.2.23

    4/3~5/29(土) 京都:エスペラント語 入門講座

分野別まとめ

月別過去記事