エスペラントとは – 考案者ザメンホフ編

←言語入門編目次ユネスコ編→

zamenhof_200-212px

ポーランドの眼科医 ルドヴィーコ・ラザーロ・ザメンホフ(Ludoviko Lazaro Zamenhof)は世界平和を願い、国際共通語エスペラント(Espearnto)を創案し、1887年に発表しました。
希望する人ザメンホフ(土居智江子) ・・・ザメンホフの生涯を、子供向けにやさしく書いた伝記です。
ザメンホフ評伝(後藤 斉) ・・・ザメンホフの果たした役割を、学問的に記述した論評です。
ザメンホフ写真館 ・・・エスペラントによる説明があります。
ウィキペディア:ルドヴィコ・ザメンホフ

重要な日付
1859年12月15日:誕生。ポーランド(当時、帝政ロシア)のビヤウィストク市にて。
1887年 7月26日:エスペラントを「国際語」という小冊子にて発表。この時の筆名がDoktoro Esperanto (直訳:希望する人)であり、後に言語自体がこの名前で呼ばれるようになった。また、この小冊子のことを、よく「第一書(La Unua Libro)」と呼ぶ。
1917年 4月14日:死去。ポーランドのワルシャワにて。

←言語入門編目次ユネスコ編→

注目記事

  1. 小坂賞

催し物情報

  1. 10/17~11/14(土) 東京都杉並区:エスペラント語 入門講座

  2. 10/10(土) 講演会 (ネット配信):『21世紀、ことばの壁はなくなるか』

  3. 4/3-5 インターネット JOTI Speciala okazigo

  4. 新型コロナウイルスのため、5/3-5 八ヶ岳エスペラント集中学習2020は中止

  5. 4/11~5/30(土) 京都:エスペラント語・入門講座

分野別まとめ

月別過去記事