?
[ 日本エスペラント協会の学習ページ ]

エスペラント
1分間講座

◆もっと多くは「学習案内」で

0.文字 (アルファベット)
  大文字、小文字が各28字あります。詳しくは、 「アルファベット」をご覧ください。

大文字 A B C Ĉ D E F G Ĝ H Ĥ I J Ĥ K L M N O P R S Ŝ T U Ŭ V Z
小文字 a b c ĉ d e f g ĝ h ĥ i j ĵ k l m n o p r s ŝ t u ŭ v z

1.単語 (国際性の原則)
  エスペラントの単語は、国際的に広く使われている単語から選ばれています。 だから、エスペラントを知らない人でも、次の単語が何の意味か見当がつくので はないでしょうか。

単語 homo libro pano bela havas
発音 ホーモ リブロ パーノ ベーラ ハーヴァス
意味 人間 パン 美しい 持つ

2.品詞 (規則性)
 上の例にもあるように、活用のある単語の品詞は語尾で決まります。 このように語尾の母音(と子音)自体が意味を持っていることが、エスペラントの他の ヨーロッパ系言語にない特徴の一つです。

エスペラントの品詞と語尾
語根 lum (光) am (愛) est (~である) danc (踊)
名詞 o lumo 光 amo 愛 esto 存在 danco 踊り
形容詞 a luma 明るい ama 愛の esta 存在する danca 踊りの
動詞・現在 as lumas 光る amas 愛する estas ~である dancas 踊る
動詞・過去 is lumis 光った amis 愛した estis ~であった dancis 踊った

3.代名詞
  いろいろありますが、よく出る代名詞を覚えておきましょう。

エスペラントの代名詞
  単数 複数
一人称 mi 私 ni 私達
二人称 vi あなた vi あなた達
三人称 li 彼,ŝi 彼女,ĝi それ ili 彼ら

4.複数と対格
  エスペラントの名詞(と形容詞)には、複数と対格の活用があります。 「対格」は目的語を示すときに使います。

  複数語尾 j: libro (本(単数)) --> libroj (本(複数))
           knabo (少年) --> knaboj (少年達)

  対格語尾 n: libro (本) --> libron (本を)
           knabo (少年) --> knabon (少年を)
           vi(あなた) --> vin (あなたを)

5.まとめ
  以上まとめると、次の文は、こんな意味になります。

Masao estas knabo.  マサオは少年です。
Li havas librojn.     彼は本(複数)を持っています。
Mi amas vin.       私はあなたを愛しています。



以上はほんの簡単な紹介でした。エスペラントをしっかり勉強したい方は、 次のサイトをご覧下さい。もっと詳しい講座があります。
英語から入るエスペラント
ネットワーカーに贈るエスペラント語入門・継続講座
本会後援の エスペラント語初級・中級通信講座

エスペラントの発音を聞いてみたい方は、次のサイトを訪ねてはいかがでしょうか。 英語で書かれてますが、単語をクリックすればサウンドクリップで発音が出ます。
A compendium of Esperanto sounds

(注:  = 日本エスペラント学会のサイト内,     = サイト外)

▲本ページの冒頭へ     ◆日本エスペラント協会の主ページへ