点字データ保管庫について

 日本エスペラント協会では、視覚障がい者支援として、機関誌の点訳版や音読版の発行をしています。
 また、エスペラント関連の点字データファイルの中で、ロゴス点字図書館では保存できない点字データファイルで、国内用のBES形式の点字データファイルについては、当協会の点字データ保管庫に保存しています。また、(日本語を取り除き)海外向けにNABCCコードに変換した点字データファイル(拡張子BRL)についてはBrajloj en Esperantoに保存しています。(NABCC = North American Braille Computer Code: 北米点字コンピュータコード)
 なお、晴眼者(視覚障がい者でない人)がソフトを使って点字ファイルを墨字(点字ではないふつうの文字)で読むには、NABCCコードファイル(拡張子BRL)は、文字化けする部分もありますが、Windowsに標準で付いている「メモ帳」のようなテキストエディタで読むことができます。これに対して、BES形式ファイルについては、「T・エディタ」のようなソフトを使用すると墨字にして読めます。また、IBM が過去に提供していた「Win-BES 99」というソフトを「Wayback Machine」で入手しても読めます。
 「T・エディタ」にある「表示」→「墨字」の機能を使えば、文字化けをしたり、記号類などで点字の部分も残りますが、墨字で読むことができます。「Win-BES 99」の方は、「表示」→「カナ」、「英字」の機能が使え、こちらも墨字で読むことができ、また、NABCCコードファイル(拡張子BRL)などを、BES形式ファイルと同様に保存することもできます。しかし、「Win-BES 99」は、Windows11になってからは、そのままでは6点の点字表示ができなくなりました。64ビットPCになってから、そういう風になることもあるようです。

NABCC(North American Braille Computer Code)コードについて
https://www.kgs-jpn.co.jp/wp/wp-content/uploads/2023/06/bmsair16_manual.2.7_html/usage/NabccCode.html

Computer Braille Code
Computer Braille Code (2000) — (for reference only)
BRAILLE COMPUTER NOTATION (2006)

 このコードは、ASCIIコードと点字のパターンの対応を定めた規格となっています。
これで作った点字ファイルをメモ帳で開くと、画面にこのコードが出力されます。
 このNABCCコードで作られた点字ファイルには、上記の「拡張子BRL」の他に、日本でよく使われる「拡張子BSE」のファイルもありますが、プログラミング処理でよく使われます。エスペラント字上符文字の代用表記であるCXGX式の文字を、自動点訳した部分を、エスペラント独自の字上符文字の点字に変換する際にも、このBSEの点字ファイルでプログラミング処理しています。

  • 点字データ保管庫(日本語版ページ。BES形式のデータファイルを保存)
  • Brajloj en Esperanto (エスペラント版ページ。NABCCコード(拡張子BRL)のデータファイルを保存)

この保管庫には、視覚障害者のためにエスペラント関係の書籍や資料を点訳し、点字データとしたファイルを収めてあります。どなたでもダウンロードができます。
(これは、日本の著作権法第三十七条(視覚障害者等のための複製等)に基づき実施しており、その趣旨に沿った使い方をしてください)

ピンディスプレイ
点字ディスプレイを使うと、点字データファイルの内容を点字で表示することができます。

注目記事

  1. 2024国際母語の日ポスター
  2. 2023.12.4

    国際人権デー

催し物情報

  1. 2024.1.19

    オンライン会話講座 “Ni parolu!” のご紹介

  2. 2024.1.18

    4/13(土) 9/8(日) 京都市:エスペラント語 入門講座

  3. 2023.12.13

    12/17(日) 名古屋:ザメンホフ祭

  4. 2023.12.9

    12/17(日) 小田原:第53回かながわザメンホフ祭

  5. 2023.12.5

    12/17(日) 東京:都区内エスペラント会連絡会第31回エスペラント祭

分野別まとめ

月別過去記事