飾り窓 montrofenestro

2016年1月 januaro

2016-01_montrofenestro
梅の木からサルが2匹降りてきます。きっと下の獅子舞を演じるつもりなのでしょう。展示している本は、字が大きく挿絵がふんだんに入った “La Mirinda Sorĉisto de Oz”(オズの魔法使い)と “Vivis, vojaĝis, verkis”(生きた・旅した・書いた)エロシェンコ生誕125周年記念事業実行委員会。後者は日本大会で売り出したところ爆発的に売れて、急遽、再版しました。他に “Tamen ĝi moviĝas” はUEA(世界エスペラント協会)の文芸コンクールの受賞作からエスペラント運動に関連するものを選び出したもの。カレンダーは堀泰雄作の世界の絵はがきと切手カレンダー。年の始めは解説付きです。

注目記事

  1. 国際母語の日
  2. 優秀賞作品の一場面
  3. 小坂賞

催し物情報

  1. 4/3~5/29(土) 京都:エスペラント語 入門講座

  2. 10/17~11/14(土) 東京都杉並区:エスペラント語 入門講座

  3. 10/10(土) 講演会 (ネット配信):『21世紀、ことばの壁はなくなるか』

  4. 4/3-5 インターネット JOTI Speciala okazigo

  5. 新型コロナウイルスのため、5/3-5 八ヶ岳エスペラント集中学習2020は中止

分野別まとめ

月別過去記事