最新情報 Aktualaj Informoj

4/2~6/27 岩手県花巻市:宮沢賢治とエスペラント展(JEI後援)

「宮沢賢治とエスペラント展」ポスター
企画展ポスター

宮沢賢治学会イーハトーブセンター2022年4月2日~6月27日「宮沢賢治とエスペラント展」(会場:花巻市にある宮沢賢治記念館イーハトーブ館)を開催します。
宮沢賢治がエスペラントを独習したことは広く知られていて、「理想郷としての岩手」を象徴するイーハトーブはエスぺラントをもじったことばです。厳密にいえば、イーハトーボとか、イーハトブとかいろいろと変化形があるのですが、そういったことばを賢治が使いはじめるのは1922年ごろ、今から百年ほど前のことです。
当センターではそうした節目に当たり、日本エスペラント協会(JEI)の後援を得て 「宮沢賢治とエスペラント展」を開催します。
エスペラントの誕生から日本での普及を経て、賢治がなぜエスペラントを独習したのか等。新渡戸稲造や佐々木喜善、柳田国男、ラムステットら直接・間接に賢治に影響を与えた人物の紹介や、エスペラント愛称がついたJR釜石線の由来、賢治作品のエスペラント訳などに関し、総合的に紹介します。会場ではJEIから二葉亭四迷『世界語』などの関連書籍を貸与してもらい展示するほか、図録(税込み500円で販売予定)にも書誌情報として収録します。
また、会場ではエスペラントとは何か全くなじみのない人に対し、YouTubeでの紹介やパンフレットの配布も行います。ぜひ、会場においで下さい。
監修:大野眞男・大沢正善・岡村民夫・佐藤竜一
後援:日本エスペラント協会
(宮沢賢治学会イーハトーブセンター副代表理事・佐藤竜一)

セロ弾きのゴーシュ 表紙画像
セロ弾きのゴーシュ 表紙
銀河鉄道の夜 表紙画像
銀河鉄道の夜 表紙

関連記事

注目記事

  1. KER Ekzamenoj

催し物情報

  1. 2022.4.1

    4/24(日) 講座(ネット配信):第39回エスペラント一日公開講座

  2. 2022.3.2

    4/9~5/28(土) 京都:エスペラント語 入門講座

  3. 2021.11.8

    会話講座 “Ni parolu!”のご案内

  4. 2021.10.26

    11/14~28(日) 東京都調布市:国際共通語エスペラント入門講座

  5. 2021.9.9

    10/5~12/14(火) 滋賀県彦根市:国際語エスぺラント<テレ>入門講習会

分野別まとめ

月別過去記事