ザメンホフについて

zamenhof_200-212pxポーランドの眼科医 ルドヴィーコ・ラザーロ・ザメンホフ(Ludoviko Lazaro Zamenhof)は世界平和を願い、国際共通語エスペラント(Espearnto)を創案し、1887年に発表しました。
希望する人ザメンホフ(土居智江子) ・・・ザメンホフの生涯を、子供向けにやさしく書いた伝記です。
ザメンホフ評伝(後藤 斉) ・・・ザメンホフの果たした役割を、学問的に記述した論評です。
ザメンホフ写真館 ・・・エスペラントによる説明があります。
ウィキペディア:ルドヴィコ・ザメンホフ

重要な日付
1859年12月15日:誕生。ポーランド(当時、帝政ロシア)のビヤウィストク市にて。
1887年 7月26日:エスペラントを「国際語」という小冊子にて発表。この時の筆名がDoktoro Esperanto (直訳:希望する人)であり、後に言語自体がこの名前で呼ばれるようになった。また、この小冊子のことを、よく「第一書(La Unua Libro)」と呼ぶ。
1917年 4月14日:死去。ポーランドのワルシャワにて。